消炎鎮痛剤

ステロイドについて

 ステロイドというと効果はあるけれど副作用が強いというものの代表になっているようです。 しかし、炎症を抑える強さと即効性は他の消炎鎮痛剤にはありません。確かに長期間連用すると 骨粗しょう症や胃腸障害、肥満などの副作用はありますが、リウマチの炎症の強い時はうまく 使うことで症状を抑えることができます。またリウマチの骨破壊を遅らせるといった報告もあります。 要は使い方次第ということです。

最も注意すべきこと: 勝手にやめたり増やしたりせず、医師の指示に従って下さい。

消炎鎮痛剤 (NSAIDs:Non Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)

 「痛み止め」というと、痛みをその場限りで止めるだけ、と思っている人も多いと思います。 リウマチに使われる痛み止めの多くは「消炎鎮痛剤」であり、その名の通り痛みを止める(鎮痛)だけでなく、 炎症を抑える(消炎)効果もあるわけです。ですからリウマチに用いた場合には、 関節の腫れも軽減します。ただし、関節の骨破壊を予防することはできません。

                   

一般名

コメント

製品名

ジクロフェナク ナトリウム
最も効果の強い消炎鎮痛剤です。ただ、オリジナルは胃腸障害が やや多いのと、効果持続期間が短いので、ゆっくり溶けたりする ような(徐放剤)、さまざまな工夫がされています。
ボルタレン、ボルタレンSR
ナボールSR
(SRは徐放剤)
その他ジェネリック製剤
ロキソプロフェン ナトリウム
胃腸障害の副作用を減らすために、胃から吸収されたあとに 消炎鎮痛剤に変化します(プロドラッグ)。 最近、薬局でも手に入るようになりましたが結構高いです。
ロキソニン
その他ジェネリック製剤
エトドラク
胃腸障害を起こす働き自体を抑えたもの(COX-2選択薬阻害剤)。 効果はロキソニンとほぼ同等と言われています。
ハイペン
オステラック
その他ジェネリック製剤
メロキシカム
胃腸障害を起こす働き自体を抑えたもの(COX-2選択薬阻害剤)。 また持続時間が長く、1日1回の服用法となっています。
モービック
メロキシカム(ジェネリック)
セレコキシブ
COX−2の選択性が強く、より胃腸障害が少ないものです。 効果はロキソニンと同程度ですが、滑膜の炎症を抑える効果が高いといわれています。
セレコックス

  ⇒【治療】に戻る