リウマチの治療には大きく分けて

               の3つがあります。


今までもらっていたステロイドや痛み止めは? というと、この中には含まれません。 それというのも、ステロイドや痛み止めはその時の症状を一時的に和らげますが、リウマチそのものを治すものではないからです。

詳しくはこちらをご覧ください⇒

 一昔前のリウマチの治療は、まず軽い薬から使ってゆき、 効果が得られなければより強い薬をつかうというものでした。 しかし今は、最初から強力な治療をしてリウマチを抑え込む という考え方に変わっています。できれば、生物学的製剤も 早くから使ってゆければよいのですが。

リウマチ治療における連携の重要性について

 抗リウマチ薬はほとんどの医療機関で処方されていますが、 メトトレキサートに関しては副作用を心配して処方していない医療機関もまだあります。 さらに生物学的製剤、とくに点滴で投与するものについては対応していない診療所が多いのです。 もちろん、頸椎や関節の手術をする医療機関は限られています。 ですから、今本当に必要な治療をタイミングを逃さず受けるためには、 どうしても医療機関どうしの連携の上に乗る必要があるわけです。